FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

はじめてのFXとして、FXの用語を解説して行きましょう。FXをはじめてみると様々な用語が飛び交います。用語を知らずに使っていると大変な事態に陥るかもしれません。最低限、意味だけは押さえておきましょう。

[はじめてのFX;スプレッド]
以前に「売値」と「買値」の差がスプレッドだと説明しましたが、はじめてFXを始められる方にはさっぱり(?)かもしれません。ものすごく簡単に説明すると、ある通貨を、最も高く買おうと思っている人が示しているレートと、最も低く売ろうと思っている人が示すレートの差がスプレッドです。例えば、1ドル100.5円で買いたい人と、1ドル100.7円で売りたい人がいる場合のスプレッドは0.2円(20銭)になります。

上記のケースの場合、ドルを買って(1ドル100.7円)、すぐに売った(1ドル100.5円)場合、差し引き1ドル当り0.2円の損をします。この1ドル当り0.2円がスプレッドと呼ばれ、これが一種の手数料になります。証券会社に支払う手数料は、このスプレッドを含む場合がありますので注意が必要です。

FXをはじめて最初に面食らうのがスプレッドかもしれません。このスプレッドは、為替レートにも『1ドル100.5-7円』という形で表示されますので、誰でも確認することが出来ます。FX業者というのは、インターバンクの為替レートを基に、顧客にレートを配信していますが、元のレートのスプレッドに加えて業者独自のスプレッド(手数料)をプラスして顧客にレートを提示しているのが一般的になっています。

経済