FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

FXの仕組みがなんとなくわかってきたら、今度はもう少し細かいところまで確認して行ってみましょう。はじめてのFXとして今回扱う内容は「FXの手数料」についてです。FXを扱う業者の儲けの仕組みを知ることにより、さらにFXについての知識を深めていくことがFXをはじめていく上で大切な事だと思います。

[はじめてのFX;手数料はどのようにかかるの?]
FXをはじめて最初に覚えるべきなのが、「為替手数料」だと思います。通常、外貨預金や外貨MMF(Money Market Fund)などでは、ドル建てで50銭から1円の為替手数料がかかっています。さらに実際に取引する場合は、証券会社であらかじめ決められた為替レートでしか取引できません。

これに対して、外国為替証拠金取引(FX)の手数料の多くは片道10銭程度と安くなっています。さらに実際の取引も、リアルタイムな為替レートで取引できるようになっています。

しかし、FXの手数料を考える場合には、売値と買値の幅(スプレッド)も合わせて考えなければなりません。いくら手数料が安かったとしてもスプレッドが高い場合には、取引コストが高くなってしまうというケースもあるからです。

具体的な例で確認してみましょう。(a.)手数料が10銭、スプレッドが30銭の場合と、(b.)手数料が20銭、スプレッドが5銭の場合を比べてみましょう。

手数料は往復にかかりますから……

(a.)は、10銭+10銭+30銭=50銭
(b.)は、20銭+20銭+5銭=45銭

となり、手数料が高い方が安くなるというケースがあります。

経済