こんばんは。ただいま夜の22:30です。

とても眠いんですけど今日はちょっと用事があったものでこんな時間にしか書き込めなくて。。

眠い時に小難しいお話しても追い討ちをかけてしまうだけなので、今日はちょっとFXをする上での心構えというか、技術ではなく精神面についてのお話をしようと思います。

為替とは直接紙幣の取引を行わないものです。

けれど、直接ではなくても間接的には取引が行われているものなので当然利益を得る事もあれば損失が出る事もあります。

特にFXは相場の変動が激しいもので、予想が難しくたとえプロの投資家さんであっても“どれだけの利益を得られるか”というよりも“どれだけの損失を抑えられるか”という事を考えて行動する必要があるんだとか。

FXの魅力といえばレバレッジですけれど、今言ったように大きな賭けに出て一攫千金を得るというのはプロでも難しい事なので、一度に多額の利益を得ようとするよりも慎重に確実に少しずつでも利益を得られる方が何倍も身になるもののようです。

ですから初心者のうちは特に、自分の行動には気を使う必要があります。

初心者に多いのが、レバレッジをかけ過ぎた取引で失敗したというものなんですって。

誰でも初心者のうちに失敗はするものですが、それにしたって損失は少ない方がいいですよね?

FXの成功者の多くは臆病な性格の人らしいですよ。

自分が手を出してる取引で、ほんの少しでも損が出たら切り上げて次の取引に移行する。

それぐらいの慎重さと潔さ、立ち直りの早さが求められるんです。

なので、FXとは金銭に少しでも余裕のある人がするものであってお金に困って一攫千金を狙うギャンブルのようなものではないんです。

FXをはじめようと思うのならば、損をするのは当たり前という覚悟を固めておきましょう。

FXの初心者の皆さんへ向けて、ごく当たり前・・・といえばそうですが、意外と見落としやすいFXの罠、というようなものについて話をしたいと思います。これは、わたしが今までFXで成功や失敗をし、また数々のハウツー本や、FXとは直接関係はなくとも物事の考え方を学ぶのに必要な講義や、人の教えなどを噛み砕き、分かりやすくしたものだと思います。
わたしは、FXとは人間の赤ん坊のようなものだと考えています。人間の赤ん坊というのは、いつ何時、どのような危険にさらされるか分かりません。親は、そんな無力な赤ん坊を危険から守る義務があります。その義務を放棄すれば、命に代えても惜しくないほど可愛い赤ん坊を失ってしまうことになります。
これは、FXでも同じことが言えると思います。FXというのは、休みのない相場で常に不安定にグラグラとゆれているようなものです。いつ何時、どんなアクシデントがあって暴落してしまうか分かりません。一見順調に見えたとしても、それはほんの一瞬の出来事だと考えたほうがよいのです。FXの、自分のポジションを守るために、人は頑丈な保険を用意すべきです。また、危険回避のために全力でポジションを見守る必要があります。それができないのであれば、FXをする資格がない、とも言えるのではないでしょうか。
大げさな・・・と思う人がいるかもしれませんが、わたしはこの考えはなかなかいい線をいっているのではないかと思っています。

はじめてのFX、今回はリスクをなるべく回避するための、為替レートの動向を読んだり予測したりするために必要な二つの分析方法を見てみましょう。FXをはじめてやる人が陥りやすいことは、少ない元手で高いレバレッジを利かせ大きな利益を得る、と言うところです。しかし、あまりレバレッジを過信しるぎると痛い目にあうのは必至。人によっては複数の口座でそれぞれ違う投資方法を使って、実践しているのだとか。下手な鉄砲数打ちゃ当たる……と言えばいいのでしょうか……。ちゃんとギャンブルではなく「投資」にするためにも必要なのが情報の分析、為替変動や経済指標を読み解くことです。方法としては「テクニカル分析」、もうひとつが「ファンダメンタルズ分析」と呼ばれています。「ファンダメンタルズ」と言う言葉には「経済の基礎的条件」という意味があり、その国の基礎的経済状況を表す経済指標の総称です。しかし、金融や経済の知識がない人にすれば難しく、ましてやFXをはじめてやる人にとってはもう何のこっちゃ、ですよね。しかし、ファンダメンタルズはFXだけではなく、株式投資にも使用される指標です。FXにおいては「国」の、株においてはその「企業」の基礎的経済状況を知る指標になるのです。株式投資には代表的な「東証」、「大証」をはじめ「JASDAQ」など新興企業を主とする市場などがあります。外貨を取引する市場もありますが、株式市場ほどはありません。

はじめてのFX、今回は外国為替入門として外国為替の基礎知識をみていきましょう。そもそも為替とはなんなのかということからはじめていきたいと思います。

[はじめてのFX;為替とは?]
手形や小切手、郵便為替、銀行振込など、現金以外の方法によって、金銭を決済する方法のことです。遠隔地への送金手段として、現金を直接送付する際のリスクヘッジとして用いられます。現代では、銀行や郵便局の口座振替・払込が、為替の役目を担っています。

[はじめてのFX;外国為替とは?]
外為(がいため)とも云われ、英語では「Foreign Exchange」と書きます。異なる通貨の貸借関係を現金を送付せずに手形や小切手などを使って振替決済する方法です。この時に用いられる通貨の交換比率が「外国為替レート」です。

[はじめてのFX;為替相場変動とは?]
戦後長い間。、1ドル360円という固定相場制でした。現在の日本は変動相場制になっており、外国為替相場は常に変動しています。『円高(えんだか)』とは外国通貨と比べて円の価値が上がること、『円安(えんやす)』とは円の価値が下がることを意味します。一般的には、米ドルに対する円の価値を比較して、円高円安と表現します。

為替相場が1ドル=100円から、1ドル=95円になれば、より少ない円でドルが買えるわけですから円高(ドル安)、1ドル=105円になれば、ドルを買うのにより多くの円が必要ですから円安(ドル高)といいます。

はじめてのFX、FX初心者の入門として今回は「円キャリートレード」というものをご紹介したいと思います。為替の仕組みを知らないと、ちょっと難しいかもしれません。はじめてのFX入門として、FX初心者、さらには株初心者にも分かりやすく説明していきましょう。

円キャリートレードに正式な定義はありませんが、一般的には『円』を借入れて様々な取引を行うことを云います。国際的にみて低金利である円を借入れて、高い利回りとなる外国為替、あるいは外貨建ての株式、債券などで運用して「利ざや」を稼ぐ取引です。

外国為替証拠金取引(FX)においては、金利水準の低い通貨で調達し、その通貨を高い通貨に転換して利ざやを稼ぐ手法です。世界各国の金利水準を見ると、円の金利水準は圧倒的に低く、円はキャリートレード用の調達通貨として広く利用されていると考えられています。

金利差益や投資運用益が見込める円キャリートレードは、円を売って(借りて)高金利の外貨を買うため最終的には調達した円を返済しなければならない。円を調達して米ドルで運用していて再び円資金に転換する場合、円安ドル高になっていたら、為替差益も見込めます。

ここまで見てくると、FXをはじめて外国通貨に慣れてくると様々な投資手法がつながってくることがわかると思います。低金利の円を高金利の外貨に交換することで、金利差益と為替差益をダブルで得ることも可能なのです(※ 逆にダブルパンチも在り得ますが……)

はじめてのFXとして、FXの用語を解説して行きましょう。FXをはじめてみると様々な用語が飛び交います。用語を知らずに使っていると大変な事態に陥るかもしれません。最低限、意味だけは押さえておきましょう。

[はじめてのFX;スプレッド]
以前に「売値」と「買値」の差がスプレッドだと説明しましたが、はじめてFXを始められる方にはさっぱり(?)かもしれません。ものすごく簡単に説明すると、ある通貨を、最も高く買おうと思っている人が示しているレートと、最も低く売ろうと思っている人が示すレートの差がスプレッドです。例えば、1ドル100.5円で買いたい人と、1ドル100.7円で売りたい人がいる場合のスプレッドは0.2円(20銭)になります。

上記のケースの場合、ドルを買って(1ドル100.7円)、すぐに売った(1ドル100.5円)場合、差し引き1ドル当り0.2円の損をします。この1ドル当り0.2円がスプレッドと呼ばれ、これが一種の手数料になります。証券会社に支払う手数料は、このスプレッドを含む場合がありますので注意が必要です。

FXをはじめて最初に面食らうのがスプレッドかもしれません。このスプレッドは、為替レートにも『1ドル100.5-7円』という形で表示されますので、誰でも確認することが出来ます。FX業者というのは、インターバンクの為替レートを基に、顧客にレートを配信していますが、元のレートのスプレッドに加えて業者独自のスプレッド(手数料)をプラスして顧客にレートを提示しているのが一般的になっています。

FXの仕組みがなんとなくわかってきたら、今度はもう少し細かいところまで確認して行ってみましょう。はじめてのFXとして今回扱う内容は「FXの手数料」についてです。FXを扱う業者の儲けの仕組みを知ることにより、さらにFXについての知識を深めていくことがFXをはじめていく上で大切な事だと思います。

[はじめてのFX;手数料はどのようにかかるの?]
FXをはじめて最初に覚えるべきなのが、「為替手数料」だと思います。通常、外貨預金や外貨MMF(Money Market Fund)などでは、ドル建てで50銭から1円の為替手数料がかかっています。さらに実際に取引する場合は、証券会社であらかじめ決められた為替レートでしか取引できません。

これに対して、外国為替証拠金取引(FX)の手数料の多くは片道10銭程度と安くなっています。さらに実際の取引も、リアルタイムな為替レートで取引できるようになっています。

しかし、FXの手数料を考える場合には、売値と買値の幅(スプレッド)も合わせて考えなければなりません。いくら手数料が安かったとしてもスプレッドが高い場合には、取引コストが高くなってしまうというケースもあるからです。

具体的な例で確認してみましょう。(a.)手数料が10銭、スプレッドが30銭の場合と、(b.)手数料が20銭、スプレッドが5銭の場合を比べてみましょう。

手数料は往復にかかりますから……

(a.)は、10銭+10銭+30銭=50銭
(b.)は、20銭+20銭+5銭=45銭

となり、手数料が高い方が安くなるというケースがあります。

外国為替証拠金取引(FX)をはじめていこうと思っていらっしゃる方に、役立つ情報を発信しています。はじめてFXをされる場合、『外国為替証拠金取引(FX)の仕組みはどうなっているのか?』と思われると思います。

今回は、外国為替証拠金取引(FX)の仕組みについて簡単にご紹介して行きましょう。

はじめてのFX、外国為替証拠金取引とは、円を売って米ドルやユーロを買うなど、外国通貨を売買する取引のこと。最近では、取扱い通貨も米ドルやユーロ、英ポンドに加えて、豪ドル、NZドルなど幅広くなってきています。一般的な外貨取引である外貨預金感覚ではじめている方も少なくありません。

また、様々な通貨を組合わせて投資を行うことで、1つの通貨だけに投資するよりも為替相場の変動リスクをヘッジすることができます。初回預入金(証拠金)額も10万円前後ではじめてみることもできて、少額の資金で投資を始めて見たいという方にも取引可能となってきています。

『少ない金額ではじめて、儲けは出るの?』

こんな風に思われる方も多いと思います。外国為替証拠金取引(FX)は、総取引代金の数%程度の少額の「証拠金」を委託して取引できる証拠金取引になります。つまり、少ない資金で効率の良い取引を行うことが可能なのです。

実は「差金決済取引」というのが、少ない資金で大きな取引が行えるからくりです。レバレッジといいますが、FXは自己資金の何十倍もの取り扱いが可能となるので儲けも大きいのですが、損も同じだけ大きいハイリスク・ハイリターンな外貨取引なのです。

日本は金利が低いので、普通に銀行に預金していたのではお金が目減りしてしまいます。定期預金にすれば少しは増える程度。普通預金の場合には、ATMの時間外手数料で相殺されてしまうような微々たる利息しかつきません。昔と違って、自己責任が大きく叫ばれる世の中。銀行の預金も1000万円までしか保証されないのですから、自分の資産を守るには人任せではいけません。

そこで「投資」が必要になってくるのです。

投資といえば、株式、金(ゴールド)、投資信託、外貨預金などが代表的ですが、今人気が集まっているのが、外国為替証拠金取引(FX)ではないでしょうか。外貨取引の中でも、リスクは高めですが大きなリターンも見込めるハイリスク・ハイリターンな取引が外国為替証拠金取引(FX)です。

そんなFXをはじめてみませんか。

外国為替証拠金取引(FX)は、1998年の外為法改正によって、それまで一部の銀行のみに限定されていた外国為替業務が、一般企業にも認められたことからスタートしました。それから、インターネットを利用したオンライントレードのブームにのって、個人投資家が自宅のパソコンを使って為替ディーラーのように外国為替取引をはじめるようになったのです。

低金利の円を売って、高金利の外貨を買う『円キャリートレード』で比較的容易に利益が出るという時期が長く続いたこともFXブームに拍車をかけました。そして、現在ではブームを終えて一つの確立された外貨取引として広く認識されるに至っているのが現状です。

経済