こんばんは。ただいま夜の22:30です。

とても眠いんですけど今日はちょっと用事があったものでこんな時間にしか書き込めなくて。。

眠い時に小難しいお話しても追い討ちをかけてしまうだけなので、今日はちょっとFXをする上での心構えというか、技術ではなく精神面についてのお話をしようと思います。

為替とは直接紙幣の取引を行わないものです。

けれど、直接ではなくても間接的には取引が行われているものなので当然利益を得る事もあれば損失が出る事もあります。

特にFXは相場の変動が激しいもので、予想が難しくたとえプロの投資家さんであっても“どれだけの利益を得られるか”というよりも“どれだけの損失を抑えられるか”という事を考えて行動する必要があるんだとか。

FXの魅力といえばレバレッジですけれど、今言ったように大きな賭けに出て一攫千金を得るというのはプロでも難しい事なので、一度に多額の利益を得ようとするよりも慎重に確実に少しずつでも利益を得られる方が何倍も身になるもののようです。

ですから初心者のうちは特に、自分の行動には気を使う必要があります。

初心者に多いのが、レバレッジをかけ過ぎた取引で失敗したというものなんですって。

誰でも初心者のうちに失敗はするものですが、それにしたって損失は少ない方がいいですよね?

FXの成功者の多くは臆病な性格の人らしいですよ。

自分が手を出してる取引で、ほんの少しでも損が出たら切り上げて次の取引に移行する。

それぐらいの慎重さと潔さ、立ち直りの早さが求められるんです。

なので、FXとは金銭に少しでも余裕のある人がするものであってお金に困って一攫千金を狙うギャンブルのようなものではないんです。

FXをはじめようと思うのならば、損をするのは当たり前という覚悟を固めておきましょう。

FXの初心者の皆さんへ向けて、ごく当たり前・・・といえばそうですが、意外と見落としやすいFXの罠、というようなものについて話をしたいと思います。これは、わたしが今までFXで成功や失敗をし、また数々のハウツー本や、FXとは直接関係はなくとも物事の考え方を学ぶのに必要な講義や、人の教えなどを噛み砕き、分かりやすくしたものだと思います。
わたしは、FXとは人間の赤ん坊のようなものだと考えています。人間の赤ん坊というのは、いつ何時、どのような危険にさらされるか分かりません。親は、そんな無力な赤ん坊を危険から守る義務があります。その義務を放棄すれば、命に代えても惜しくないほど可愛い赤ん坊を失ってしまうことになります。
これは、FXでも同じことが言えると思います。FXというのは、休みのない相場で常に不安定にグラグラとゆれているようなものです。いつ何時、どんなアクシデントがあって暴落してしまうか分かりません。一見順調に見えたとしても、それはほんの一瞬の出来事だと考えたほうがよいのです。FXの、自分のポジションを守るために、人は頑丈な保険を用意すべきです。また、危険回避のために全力でポジションを見守る必要があります。それができないのであれば、FXをする資格がない、とも言えるのではないでしょうか。
大げさな・・・と思う人がいるかもしれませんが、わたしはこの考えはなかなかいい線をいっているのではないかと思っています。

はじめてのFX、今回はリスクをなるべく回避するための、為替レートの動向を読んだり予測したりするために必要な二つの分析方法を見てみましょう。FXをはじめてやる人が陥りやすいことは、少ない元手で高いレバレッジを利かせ大きな利益を得る、と言うところです。しかし、あまりレバレッジを過信しるぎると痛い目にあうのは必至。人によっては複数の口座でそれぞれ違う投資方法を使って、実践しているのだとか。下手な鉄砲数打ちゃ当たる……と言えばいいのでしょうか……。ちゃんとギャンブルではなく「投資」にするためにも必要なのが情報の分析、為替変動や経済指標を読み解くことです。方法としては「テクニカル分析」、もうひとつが「ファンダメンタルズ分析」と呼ばれています。「ファンダメンタルズ」と言う言葉には「経済の基礎的条件」という意味があり、その国の基礎的経済状況を表す経済指標の総称です。しかし、金融や経済の知識がない人にすれば難しく、ましてやFXをはじめてやる人にとってはもう何のこっちゃ、ですよね。しかし、ファンダメンタルズはFXだけではなく、株式投資にも使用される指標です。FXにおいては「国」の、株においてはその「企業」の基礎的経済状況を知る指標になるのです。株式投資には代表的な「東証」、「大証」をはじめ「JASDAQ」など新興企業を主とする市場などがあります。外貨を取引する市場もありますが、株式市場ほどはありません。

はじめてのFX、今回ご紹介するのは「スワップ」です。FXのスワップについて詳しく見て行きましょう。
FXでは、為替差益を狙う取引とともに人気を集めているのが、通貨の金利差を利用した「スワップ」です。これは、買い通貨と売り通貨の金利差で生じるスワップ金利によって利益を得る方法のことです。FXをはじめて間もないFX初心者の方がわかりにくい部分かもしれません。はじめてのFX入門としてしっかりと理解しておきましょう。

FXでは『円』を借りて、その借りた『円』を使って外貨を買います。

お金を借りる場合には金利(利子)かかるのが一般的。FXで借りた場合も同じですが、借りた円で外貨を買う場合、外貨の金利(利息)は受け取ることができます。つまり円の金利を支払って、外貨の金利を受け取ることになるので、円より金利の高い外貨を買った場合には、金利を受け取り続けることが出来ます。

現在の日本円の政策金利は0.5%と超低金利なので、ほとんどの外貨は相対的に高金利となります。例えば金利が2.0%の外貨を買った場合を想定すると……

2.0%-0.5%=1.5%

となり、年利1.5%の金利を受け取ることができます。この金利のことをスワップと云います。

金利の対象となる金額は預けた資金(証拠金)の残高ではなく、取引代金全額分に対して発生しますので、スワップにもレバレッジが期待できることになります。当然、利益だけでなく損失にも効果は発揮されることになります。

経済